元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2009/10/24

Murakami Haruki's Jerusalem Prize acceptance speech (2009/2/15) 1/2

英語の訓練だ!と息巻いて、新聞の記事(原文)をガチンコで全タイプ&翻訳した。
そのうちやろうと思って、新聞の切り抜きを半年程寝かせてたわけだが、タイプした後にWeb上のいたるところに原文翻訳を発見。。。当時はググっても一つもヒットしなかったのに。ちょっと悔しいが、なかなか良い翻訳が出来たのではないかと思うので、まあよしとしよう。

Good evening. I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.
こんばんわ。今日、私は嘘つきのプロフェッショナルである、小説家としてエルサレムにやってきました。

Of course, novelists are not the only ones who tell the lies. Some politicians do it, too, as we all know.
もちろん、嘘をつくのは小説家だけではありません。政治家だって嘘をついていますよね。

And diplomats and generals tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders.
外交官や官僚も場合に応じて嘘を言いますし、車のセールスマン、肉屋、大工だって同じです。

The lies of novelists, however, differ from others, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling lies.
しかし、小説家の嘘は他の嘘とは違います。誰も小説家の嘘をモラルの欠如だと責めたりはしません。

Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics.
実際、巧みで壮大な嘘をつけばつくほど、小説家は人々や批評家から賞賛されるでしょう。

Why should that be?
これはなぜでしょう?

My answer would be this: namely, that by telling skilful lies - which is to say, by making up fictions that appear to be true - the novelist can bring out the truth to a new place and shine a new light on it.
私の答えはこうです:すなわち、小説家は見事に熟練した嘘によって(それはつまり真実に見えるフィクションですが)、真実を新たな太陽の光が差す場所に引き出すことができるからです。

In most cases, it is virtually impossible to grasp the truth in its original form and depict it accurately.
ほとんどの場合、真実の原型そのものを理解したり、描写したりするのは事実上不可能です。

This is why ... we are trying to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form.これはつまり、私たちは真実を隠れている場所から誘き出し、尻尾を捕まてフィクションの領域に移し、フィクションという形に変換するということです。

In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us, within ourselves.
これを成し遂げるためには、私たちはまず、私たち自身のどこに真実が隠れているのかを明白にしなければなりません。

This is an important qualification for making up good lies.
これは、良い嘘を作るためには重要な条件です。

Today, however, I have no intention of lying. I shall try to be honest as I can.
しかし、今日、私は嘘をつくつもりはありません。出来るだけ正直になりたいと思います。

There are only a few days in the year I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.
私が嘘を言わない日は年に数日しかありませんが、今日がそのうちの一日です。

So let me tell you the truth.
では、さっそく真実をお話しましょう。

Back in Japan, a fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize.
日本では、かなりの人々が私にアドバイスをしました。エルサレム賞を受賞するためにここに来るのはやめた方がよいと。

Some even warned me that the would instigate a boycott of my books if I came.
私の本に対して暴動が起こるぞと警告をする人間もいました。

The reason for this, of course, was the fierce fighting that was raging in Gaza.
ガザで勃発していた、凄まじい争いがその理由です。

The U.N. reported that more than 1,000 people had lost their lives in the blockaded city of Gaza, many of them unarmed citizens - children and old people.
国連は、閉鎖されたガザ市街で1000人以上の死者が出たと伝えました。その多くは、武器を持たない子どもや老人です。

Any number of times after receiving notice of this award, I asked myself whether traveling to Isral at a time like this and accepting a literary prize is a proper thing to do, and whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, and that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power.
多くの警告を受けた後、こんなときに文学賞受賞のためにイスラエルへいくのは適切なことなのだろうかと、自分自身に問いかけました。そして、一つの葛藤が生まれました。イスラエルへ行くことは、圧倒的な軍事力を解放することを選んだ国の方針を支持することになりはしないだろうかと。

Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.
もちろん、私の本に対して暴動が起きて欲しいとは思っていません。

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here.
よくよく考えた後、最終的にここへ来ることを決心しました。

One reason for my decision is that all too many people advised me not to do it.
そう決心した理由は、あまりにも多くの人が行くべきではないと警告したからです。

Like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told.
他の多くの小説家がそうであるように、私は言われたこととと真逆のことをする傾向があります。

If people are telling me, and especially if they are warning me, "Don't go there," or "Don't do that," I tend to - want to "go there" and "do that."
人々は私に何か言います、警告をという形で語りかけます。「行かない方がいいよ。」「やらない方がいいって。」そんな時、私は行くことを、実行することを望む傾向にあります。

It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed.
それは、小説家としての私の性質と言っていいでしょう。小説家は特別な生き物なのです。

They cannot genuinely trust anything that they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands.
彼らは、自分の目で見たことのないもの、自分の手で触ったことのないものを、心の底から信じることができないのです。

And that is why I am here.
それが私がここにいる理由です。

I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.
遠くに離れたままでいることよりも、ここへ来ることを選びました。見ないことよりも、見ることを選びました。沈黙するよりも語ることを選びました。

So, please do allow me to deliver a message - one very personal message.
だから、私のメッセージを、極めて個人的なメッセージをお届けすることをお許しください。

It is something I keep in my mind - always keep in my mind while I am writing fiction.
これは、私がフィクションを書くときにいつも心に留めていることです。

I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: rather, it is carved into the wall of my mind.
紙に書いて壁に貼ったりしたことはありませんが、心の壁に刻んでいます。

It goes something like this: "Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."
それはこのような言葉です。「高くて硬い壁とそれにぶつかって砕ける卵があるならば、私はいつでも卵の側の味方をするだろう。」

Yes, no matter how right the wall may be, how wrong the egg, I will stand with the egg.
そうです、壁がどれだけ正しくとも、卵がどれだけ間違っていようとも、私は卵の味方をするでしょう。

Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will do it.
誰かが何が正しくて、何が間違っているのかを決めるでしょう。時間や歴史が決めるかもしれません。

But if there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?
しかし、もし小説家が壁の側に立って執筆をするのなら、その理由は何であれ、そんな仕事にいったい何の価値があるというのでしょう?


後編へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿