元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2009/10/25

Murakami Haruki's Jerusalem Prize acceptance speech (2009/2/15) 2/2

村上春樹、エルサレム賞受賞講演、後半部分です。前半はこちら

What is the meaning of this metaphor, of the wall and the egg?
壁と卵、この例えが意味することは何でしょう?

In some cases, it is all too simple and clear.
いくつかの場合、それは至極シンプルでクリアです。

Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high wall. The eggs are unarmed civilians who are crushed, burned and shot by them.
爆弾、戦車、ロケット、黄燐弾が高い壁です。卵は武器を持たない人々です。、虐げられ、焼かれ、撃たれる人々です。

This is one meaning of this metaphor that is true. But this is not all. It carres a deeper meaning.
これはこのメタファーが真実である一つの例です。しかし、全てではありません。もっと深い意味があります。

Think of it this way: Each of us is, more or less, an egg.
こんな風に考えてみてください。私たち一人一人は多かれ少なかれ、卵であると。

Each of us is a unique, irreplaceable soul that is enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you.
私たち一人一人は脆い殻に包まれた、代替の利かない独自の存在なのです。これは私にとっても、あなた方にとっても真実です。

And each of us, to a greater of lesser degree, is confronting a high, solid wall.
私たち一人一人は、程度の違いこそあれ、高くて硬い壁に直面しているのです。

The wall has a name: It is "The System."
その壁は名前を持っています。「システム」です。

The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, and systematicaly.
システムは私たちを守ってくれるように思われますが、時に生命に襲い掛かり、私たち殺し始め、誰かを殺させるよう働き始めることもあるのです。冷たく、効果的に、システマチックに。
I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface, and shine a light upon it.
私が小説を書く唯一つの理由は、個人の魂の尊厳を日の光の当たる場所へ導くことです。

The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on the System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them.
ストーリーの目的は、警笛を鳴らし、システムに光をあて、私たちの魂を絡め取ろうとするシステムの糸とその屈辱から守ることなのです。

I truly believe that it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry, quake with fear and shake with laughter.
小説家の仕事というのは、ストーリーを書くことによって、各個人の魂の独自性を清く保つことだと信じています。生命や死、涙を誘う愛、恐怖による震え、お腹を抱えるほどの笑い、そういうストーリーです。

This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.
これが私たち小説家が日々、フィクションの創作に本気で取り組み続ける理由です。

My father passed away last year at the age of ninety. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest.
私の父は去年に90歳で亡くなりました。彼は教職を定年退職し、お寺のお手伝いのパートタイムをしていました。

When he was in graduate school in Kyoto, he was drafted onto the army and sent to fight in China.
彼は京都の高校を卒業したとき、軍人として引き抜かれ、中語の戦場に送り出されました。

As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up a long, deep-felt prayer at the small Buddhist altar in our house.
戦後子どもが生まれ、毎朝、朝食の前に長々とした深い祈りを捧げる父の姿を家の仏壇の前でよく見たものです。

One time I asked him why he did this.
一度父になぜそんなことをするのかと尋ねたことがあります。

He told me he was praying for the people who died on the battlefield.
父は私を抱き上げ、戦場で死んだ人々のために祈っているのだと言いました。

He was praying for all the people, he said, who died, both ally and enemy alike.
父は、同盟国であれ、敵国であれ、死んだ全ての人々のために祈っていました。

Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.
仏壇の前で正座をする父の後姿を見つめながら、辺りを漂う死の影を感じ取っていたように思います。

My father died, and with him he took his memories, memories I can never know.
父は死に、父の記憶を私は窺い知ることができません。

But the presence of death that lurked about him remains in my own memory.
しかし、父に潜んでいた死の存在を私は記憶しています。

It is one of the few things I carry on from him, and ... one of the most important.
それは父から受け継いだ数少ないことのなかで、一番大切なものの一つです。

I have only one thing I hope to convey to you today.
それが今日お伝えしたい、唯一のことです。

We are all human beings, individuals transcending nationality, race and religion, and we are all eggs, we are all fragile eggs faced with a solid wall called "The System."
私たちは皆人間です。国、人種、宗教を超越し、私たちはみな卵なのです。私たち脆い卵はシステムと呼ばれる硬い壁に直面しています。

To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high and too strong and too cold.
一見、私たちに勝てる見込みはなさそうです。壁はあまりにも高く、強く、冷たいです。

If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and othes' souls and from our believing in the warmth we gain by joining souls together.
もし、私たちが何らかの勝利の希望を持つのならば、それは全く独自的で、代替の利かない、私たち自身の魂の中にある信念から、私たちが魂を一つに集めた暖かさの中にある信念からやってくるでしょう。

Take a moment to think about this.
このことについて少し考えてみてください。

Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing.
私たち一人一人は明確な、生きた魂を持っています。システムはそんなもの持っていません。

We must not allow the System to exploit us. We must not allow the System to take on a life of its own. The System didn't make us, we made the System.
システムが私たちを利用するのを許してはいけません。システムが生命に殴りかかるのを許してはいけません。システムが私たちを作るのではなく、私たちがシステムを作るのです。

That is all I have to say to you.
これが私の言いたいことの全てです。

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize.
エルサレム賞を受賞できたことを大変ありがたく思います。

I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world, and I would like to express my gratitude to the readers in Israel.
私の本が世界中のいたるところで人々に読まれることに感謝を示すとともに、イスラエルの読者の方々にも大変感謝いたします。

You are the biggest reason why I am here.
あなた方の存在が、私がここにいる最も大きな理由です。

And I hope we are sharing something, something very meaningful.
私たちは何かとても意味のあるものを共有していることを望みます。

And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.
今日はこのように話をする機会を持つことができ、喜ばしい限りです。

Thank you very much.
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿