元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2009/10/07

THIS I BELIEVE

ダンコーガイについて調べていたら、たまたま見つけた。
どういう趣旨の文章かもよくわからないが、興味本位で和訳してみる。

"THIS I BELIEVE" by Robert A. Heinlein

"I am not going to talk about religious beliefs, but about matters so obvious that it has gone out of style to mention them."
宗教のことを話そうとしているのではありませんが、明らかに時代遅れなことをお話します。

"I believe in my neighbors.I know their faults and I know that their virtues far outweigh their faults."
私はご近所さんを信じています。欠点はありますが、それを上回る美徳を備えた人々です。

"Take Father Michael down our road a piece --I'm not of his creed, but I know the goodness and charity and lovingkindness that shine in his daily actions. I believe in Father Mike; if I'm in trouble, I'll go to him. My next-door neighbor is a veterinary doctor. Doc will get out of bed after a hard day to help a stray cat. No fee -- no prospect of a fee. I believe in Doc."
ミカエルをちょっと御覧なさい(私はミカエル教ではありませんが)、日々の行動に良心、情け、愛、優しさが輝いています。私はマイクを信じます。もし何かトラブルがあったら、マイクのところへ行きます。私の家の隣には獣医が住んでいます。獣医は忙しい一日の後にベットから抜け出し、野良猫を助けるでしょう。もちろん見返りは期待していません。私は獣医を信じています。

"I believe in my townspeople. You can knock on any door in our town say, 'I'm hungry,' and you will be fed. Our town is no exception; I've found the same ready charity everywhere. For the one who says, 'To heck with you -- I got mine,' there are a hundred, a thousand, who will say, 'Sure, pal, sit down.'
私は街の人々を信じています。あなたは私たちの街のどのドアをノックしても「お腹が減りました。」と言えるでしょう。そうして食べ物を分けてもらえるでしょう。私たちの街だけではありません、世界中どこでも同じ慈善があるのを見てきました。たとえ誰か一人「ちくしょうめが!俺は自分で稼いだんだ!」と言うとしても、何百何千の人々が「どうぞ、お座りなさい。」と言うでしょう。

"I know that, despite all warnings against hitchhikers, I can step to the highway, thumb for a ride and in a few minutes a car or a truck will stop and someone will say, 'Climb in, Mac. How how far you going?'
ヒッチハイカーに対する多くの警告にもかかわらず、高速道路では、ヒッチハイカーが親指を立て、数分のうちに車かトラックが止まる光景を見ることができます。「乗りなよ。どこまでどうやって行くんだい?」

"I believe in my fellow citizens. Our headlines are splashed with crime, yet for every criminal there are 10,000 honest decent kindly men. If it were not so, no child would live to grow up, business could not go on from day to day. Decency is not news; it is buried in the obituaries --but it is a force stronger than crime."
私は仲間を信じています。新聞は犯罪の記事で溢れていますが、その犯罪の影には礼儀正しく、やさしい人間が
一万人います。もしそうでないなら、子どもたちは育たず、毎日の仕事はうまく続いていかないでしょう。礼儀正しさはニュースにはなりません。死亡記事に紙面を奪われます。しかし、それは犯罪よりも強いのです。

"I believe in the patient gallantry of nurses...in the tedious sacrifices of teachers. I believe in the unseen and unending fight against desperate odds that goes on quietly in almost every home in the land."
私は、我慢強く勇敢な看護婦を信じます。長きに渡る献身です。どの国のどの家庭でも音もなく存在する絶望的な病気 目に見えず、終わりのない戦いを信じています。

"I believe in the honest craft of workmen. Take a look around you. There never were enough bosses to check up on all that work. From Independence Hall to the Grand Coulee Dam, these things were built level and square by craftsmen who were honest in their bones."
私は正直な技師を信じます。あなたの周りを御覧なさい。釘の打ち損じなんてほとんどないでしょう。グランド・クルリー・ダムの独立から、これらのことは骨の髄から正直な技師によって構築されてきたのです。

"I believe that almost all politicians are honest. For every bribed alderman there are hundreds of politicians, low paid or not paid at all, doing their level best without thanks or glory to make our system work. If this were not true, we would never have gotten past the thirteen colonies."
私はほとんどの政治家が正直であると信じています(政治家はちょっと信用度が低いのね)。一人の賄賂を受け取る議員の影には、低賃金、あるいは無報酬で、栄誉を省みず、社会の仕組みづくりに尽力する議員が
何百人も存在します。もしこれが真実でないならば、13もの植民地を手に入れることはなかったでしょう。

"I believe in Rodger Young. You and I are free today because of endless unnamed heroes from Valley Forge to the Yalu River."
私はロジャー・ヤングを信じます。私たちは自由です。それは、バレーフォージから鴨緑江までの無数の名もなきヒーローのおかげです。

"I believe in -- I am proud to belong to -- the United States. Despite shortcomings, from lynchings to bad faith in high places, our nation has had the most decent and kindly internal practices and foreign policies to be found anywhere in history."
私はアメリカに属していること誇りに思います。リンチから異常な物価急騰まで、様々な欠点があることも確かですが、私たちの国は礼儀正しく、優しい国際的な慣習を持っていて、歴史を振り返っても常に外交政策をもってやってきました。

"And finally, I believe in my whole race. Yellow, white, black, red, brown --in the honesty, courage, intelligence, durability....and goodness.....of the overwhelming majority of my brothers and sisters everywhere on this planet. I am proud to be a human being. I believe that we have come this far by the skin of our teeth, that we always make it just by the skin of our teeth --but that we will always make it....survive....endure. I believe that this hairless embryo with the aching, oversize brain case and the opposable thumb, this animal barely up from the apes, will endure --will endure longer than his home planet, will spread out to the other planets, to the stars, and beyond, carrying with him his honesty, his insatiable curiosity, his unlimited courage --and his noble essential decency."
最後に、私は全ての人種を信じます。黄、白、赤、黒。
私たちの地球上の兄弟が持つ圧倒的な力、正直さ、勇気、知性、耐久性、善良さ。私は人類を誇りに思う。私たちはこれまで自分たち自身の力で、いつも自分たち自身の力だけでやってきました。もちろん、それは我慢を伴う生存競争だったわけです。私はこの毛のない胎児の痛み、大きすぎる脳の入れ物と他の指と向き合わせにできる親指、この動物は猿よりはるかに高度です。この地球で長い間我慢するでしょう。そして違う星へ移動し始めるでしょう、正直さ、飽くなき好奇心、限りなき勇気、見事な礼儀正しさをもって。

"This I believe with all my heart."
これが私が心の底から信じることです。


長かった。
最後の方はテキトーになったけど、大体の趣旨はわかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿