元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2009/10/12

読んだ本を簡単に記録する方法 - 『Twitter + 読んだ4!』

これは便利。WEB上に簡単に読書記録を残せる。

読んだ4!

使い方は本当に簡単で、Twitterに登録して、@yonda4に対してつぶやくだけ。
私の初記録は、こんな感じ。

("@yonda4"と書名の間は半角スペース)

つぶやいた本の記録が読んだ4!のマイページで一覧化される。
http://yonda4.com/user/watanabe8760
("watanabe8760"の部分は自分のTwitterのユーザID)

書名を手で書くのは面倒なので、ブックマークレットを利用すると更に便利。

Twitterとは↓こんなサービスで、
Wikipediaより
Twitter(ツイッター)は、個々のユーザーが「つぶやき」を投稿することで、ゆるいつながりが発生するコミュニケーション・サービス。2006年7月にObvious社(現Twitter社)がサービスを開始した。
何がゆるいつながりじゃい!と思って今まで使ったことはなかったのだが、
読書の断片的な記録を残すのに使えるのではと気付き、使ってみたのがきっかけ。
Twitterと読んだ4!を併用することで、簡便かつ整理された読書記録法が完成した。
具体的には、以下のようなときに使えると思われ。
  • 読むには読んだが、ブログに感想文を書くまでもない。
  • 全体的な感想はともかくとして、一部のフレーズをキープしておきたい。
  • 長い文章を書くにはいささか疲れて過ぎている。
私は本の所有にこだわらないので、図書館から借りた本だとか、本棚整理で売ってしまった本を記録として残しておけるのはとても助かる。後から時系列的に本の表紙を見れるので、それぞれの時期の読書傾向がわかるのも魅力的だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿