元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2009/11/18

[Rails] renderとredirect_toの違い

【render】
レタリングするテンプレートを指定する。
デフォルトはアクション名(コントローラのメソッド名)と同じViewファイルを使用してHTMLを作成するが、
renderで使いたいViewファイルを指定することができる。
エラーメッセージ表示のために、元の画面に差し戻す際などに利用する。
# hogeのViewを指定
render :action => "hoge"
【redirect_to】
リクエストを別のアクションに委譲する。
つまりクライアントにリダイレクト先URLを返却し、クライアントは再度そのURLにリクエストを上げることになる。
# hogeアクションに対するリダイレクト先URLを返却する
redirect_to :action=> "hoge"
renderがViewを利用するだけなのに対して、
redirect_toはリダイレクトによる処理の委譲を意味する。

0 件のコメント:

コメントを投稿