元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2010/02/18

本当に勉強をしたいのなら、ブログを読めばいい

Google Bookに関する最初の司法判断が米国東部時間の18日木曜日になされる見込み - Cyberlaw
私のこのブログ記事は,法学部及び法科大学院での講義(「サイバー法」,「法情報学」等)の際の補助教材として用いるという目的のためにも作成し,公開し ている。
法科大学院の授業に使う教材をデータベース化して公開しているなんて、素敵すぎる。
このブログには大学の法学部、法科大学院で学ぶに近い価値があるということだ。
もちろん、法科大学院で直接学ぶのには及ばないにしても、方向性や概要はわかるだろう。
独学のとっかかりとしては最高だ。知りたいと思えば、そこからさらに自分で勉強すればよいのだ。
大好きな映画、Good Will Huntingのワンシーンを思い出した。
「人の考えを盗みたければ、授業料なんか払わなくても図書館に行けばいい。」
(本で読んだ知識をひけらかすハーバードの学生に向かって、主人公ウィルが言った台詞。)


しかし、やはり本気で法律を勉強しようと取り組んでいる学生のレベルは高いようで。。。
この記事で引用している英文記事は,比較的読みやすく,文法的にもあまり崩れていないものを精選しているつもりだ。レベルとしては,日本の高校卒業程度の 力があれば,辞書なしでも読みこなすことが可能だろうと思う。英語を用いる職業に就きたいと考えている学生諸君には,このブログで紹介される英文記事を短 時間で読み,その内容を理解できる程度の実力がついているかどうかを自己の語学能力の評価・判定のための判断基準の一つとしてもらいたいものだと思う。
社会人8年目を迎えた今でも、英文記事を読むのには苦労してしまう自分の情けなさが身にしみた。

0 件のコメント:

コメントを投稿