元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2010/04/19

COBOL in Eclipse - COBOLをAntでコンパイル・実行

先日のエントリで、CobosというEclipseプラグインを紹介した。
こいつがあれば、EclipseでCOBOLの開発が可能だ(機能が十分とは言い難いが)。

その時の補足として、Antを利用したCOBOLファイルのコンパイル方法を書いたが、コンパイル後のEXEファイルの実行方法がわからなかった。EXEファイルの実行は、execタスクを使用すればできることがわかったので、追記。
呼んで字のごとく、compileターゲットがコンパイルの実行executeターゲットがEXEファイルの実行だ。
applyタスクの下位要素であるfilesetにワイルドカードを使用すれば(*.cob)、複数のファイルを同時にコンパイルすることができる。
▼applyタスクでコンパイル
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="sample" default="compile" basedir=".">
    
    <property name="project_location" value="C:\work\sample"/>
    
    <target name="compile">
        <apply executable="cobc" verbose="true" failonerror="true">
            <arg value="-x"/>
            <arg value="-free"/>
            <fileset dir="${project_location}" file="sample.cob"/>
        </apply>
    </target>
    
    <target name="execute">
        <exec executable="sample"  failonerror="true"/>
    </target>
    
</project>
また、コンパイルの実行は、exceタスクを使っても同様の内容が書ける。
ただし、コンパイル対象のCOBOLファイルを複数指定する場合は、argタグを複数書かなければならないので、applyタグを使用したほうがいいだろう。
▼exceタスクでコンパイル
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="sample" default="compile" basedir=".">
    
    <property name="project_location" value="C:\work\sample"/>
    
    <target name="compile">
        <exec executable="cobc" failonerror="true">
            <arg value="-x"/>
            <arg value="-free"/>
            <arg value="${project_location}\sample.cob"/>
        </exec>
    </target>
    
    <target name="execute">
        <exec executable="sample"  failonerror="true"/>
    </target>
    
</project>

0 件のコメント:

コメントを投稿