元気にやっていますか?
私は相変わらず、曖昧な空白とともにふらふらする毎日です。
健体壮美なあなたのことだから大丈夫だとは思いますが、
くれぐれもお体にはお気をつけください。

2011/04/17

A crying man

彼が泣くのを聞いたのは初めてだった。電話の向こうで言った「悔しい」という言葉の末尾は涙に埋もれていた。彼は本来人に弱みを見せるような人間ではなかったから、その突然の告白と嗚咽は、彼の中心からとめどなく溢れ出る何かの強大な力を僕に意識させた。体の不自由と痛みは、彼の中心にある何かを確実に蝕み、その排泄物を着々と蓄積していた。
僕はとても悲しい気持ちになった。どんな理由があるにせよ、70歳になろうとする人間が、自分の人生を否定するような言葉を漏らした、それはとても悲しいことだった。彼は昔よく、人様と自分は違う、おまえはおまえだと言って、私をたしなめた。私はそのとき彼にその言葉を返したかったけど、言葉にならなかった。
幸せに生きろとか、元気になれとは言わない。ただ自分の人生を自信を持って生きてほしい。どんなに苦しくても無様でも、全てを受け止めて生き抜く姿勢を見せてほしい。あなたの頑固さと堅実さは、僕にある種の自由への羨望を植え付けた。僕の自由は僕の望みをあなたに強要はしないから、あなたがどんな思いで自分の人生を振り返ろうとも、受け止めて生きていくだろう。ただ、出来ればもうこれ以上僕を遠くへ飛び立たせないでほしい。 あなたが僕に与えた自由を僕はそんな風に使いたくはないから。

0 件のコメント:

コメントを投稿